レーシックとイントラレーシックの違いは?/視力回復.com

視力回復
視力回復.com レーシックとは? 視力回復手術 Q&A 全国の眼科/クリニック


レーシックとイントラレーシックの違いは?

レーシックとイントラレーシックの違いは、まずフラップ(角膜に作る薄いフタ)の作成方法にあります。レーシックでは、マイクロケラトームという小さなカンナを用いて手動で行いますが、イントラレーシックの場合はイントラレーザーという最新機器を用いてコンピューター制御の下行います。これにより、イントラレーシックはレーシックのように手動で行うよりも正確に安全にフラップを作成できるのです。

また、レーシックのマイクロケラトームで作成したフラップは周囲の切れ込みが鋭角で不安定なため、シワやズレを生じることがあります。しかし、イントラレーシックで用いるイントラレーザーの切れ込みは、直角でパズルをはめ込むようにぴたりと安定したフラップが出来上がります。

その他の相違点として、イントラレーシックはレーシックよりもフラップを薄く作成することができるので、角膜が薄い方や強度近視の方、またレーシックの検査を受けて一度断られたという方でも施術することができます。



ブックマークに投稿する:


品川近視クリニック 神奈川クリニック 錦糸眼科
品川近視クリニック 神奈川クリニック 錦糸眼科



Copyright2005-2009 視力回復.com All rights reserved.